お初!ピアノレッスンいってきた!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
30代からのピアノ

まだピアノ届いてないのに!!

初めてのレッスン

と、いうわけでいってきました、手ぶらで


最初に先生からこの教本をもとに進めていきますね
と、二冊渡されました。

二冊(+1冊)の教本

一冊目は大人の初めてピアノ
二冊目は幼児向けのピアノ入門

この二冊と次のレッスンのときによさそうなハノン?
という練習のものを次のレッスンの時までに見繕ってくれるそうです
なので、二冊+1冊の合計3冊の教本を使って進めていくことになりそうです。

先生曰く、この本それぞれ手の開始位置(?)が違うので、それぞれ練習したら
幅広くピアノを理解していけるようにという狙いがあるそうです。

大人向けの教本は最初のページから右手、左手、指番号と情報が多い印象
さらっと練習に組み込まれている曲(タイトルの記載なしで数フレーズ)
も、お?なんか聞いたことあるなぁな感じでした。

幼児向けのものは、1ページに1項目、文字も大きく、1ページの情報量はかなり絞られていました。指の説明で1ページ、練習はまた1ページという感じ
なので、指の練習といえども1曲きちんと弾く構成になっているので
曲タイトルもしっかり乗っています。幼児向けということもあり馴染みぶかい曲で構成されていてとっつきやすくていいのかな~

という感じがしました

ピアノに触れる!…前に

ピアノのすんごく基本的な事を教えてもらってきました
ト音記号とヘ音記号の違い的なそういうやつ

実は、私、フルートをちらーっとだけやっていたんです
ニコ時代を知っていらっしゃる方はご存じかとは思うんですが
まぁその・・やっていた(音がだせる)というだけで、曲がきちんとふけていたかというと・・
まぁアレですけど
だから、音楽の基礎知識くらいあるわー(^ー^* )フフ♪とか思ってたけど
なかったwww 全然なかったwww
ヘ音記号ってドの位置、ト音記号と違うんだって!!! しらなかったーwwww

あ、幼児向け教本渡されてせいかいってことね

いよいよ、ピアノに触れてみる

渡された教本それぞれで、鍵盤のどこに指をおいて弾き始めるか、が違って
これは最初混乱しそうだな・・という印象
それよりなにより、指というか、腕、めっちゃ疲れるやん!
1回のレッスン30分で、今回は座学てきな事もあって
そこまでピアノに触れていたわけではないのにレッスンの終わり頃には
明らかな疲労を感じていました。
何故か?それは・・・

ピアノの鍵盤を押すのと弾くということの違い

この違いが身に染みた
昔からピアノに憧れていたこともあって、
家にキーボードあったんです。小学生のころとかも両手はちんぷんかんぷんでやれなかったけど
片手で音楽の教科書の曲を弾いてみるとかしてあそんでいたりしたわけなんです。
おかげで、鍵盤のどこがドなのかとかそういう躓きはなかったものの
先生曰く、
ピアノにあるまじき指のくせ
が身についてしまったんです・・(しらなかったーーー!
「指がねてるよ」って(寝てる??グーグースヤスヤですか???

キーボードってボタンを押せば音が同じトーンで、
ドを押したら「ドー」って鍵盤の形をしているスイッチをおすと音が出る
と、そういう仕組みがキーボード

だけど、ピアノって音の出る仕組みって
弦を叩いて音を鳴らしているのです。

小学生の時、音楽室にグランドピアノがあって興味しんしんで構造を観察していたので
先生がピアノを弾いていると、白いふわふわのついたでっかい綿棒みたいなのが
上下に動いているのみたことあるのですが、それがまさに
その綿棒的なアレが弦を叩いて鳴らしていたという。

形や見た目似ているのに全然仕組みが違うんです。

なので、こう聞いたことないですか?
ピアノを弾くときは卵の手とかそういうの
あの卵の手って、ピアノを弾くうえですんごーく大切だそうなんです
タマゴの手にすると指がピアノの鍵盤に対して真下に叩き込むように鍵盤を打てるのですが
私のねてる指だと鍵盤うてないんです、押してるだけ。
確かに音は出てるけど、なんかこう・・弱い・・
ねた指でも音は出るので指摘されて引き比べるまで全然わからなかったんですけどね 汗
でも、違った!
キーボードだと、正直キーを押せばいいだけなのでどう押すかなんてあんまり気にしなくても
困る事なかったので、
レッスン初日から目からうろこがぽろぽろ落ちる気づきの連続!

正しいポジションで鍵盤を打ち込む(文字通りうちこんでいくのよ~)
と、すんごい疲れる 筋肉疲労に襲われる!! すごいね!

こんなん、ピアノ、きちんと先生について習うまで知らないわ
独学で教本だけだと、ポジションの大切さ分からなかった!!

最後に

次のレッスンまでにはピアノが届く予定なので、届いたらこのページとこのページを練習してきてね
といくつか教本に印をつけてもらって終わりました。

先生はすんごい優しい感じの先生ですが
しっかり練習してこないと絶対に上手くなることはないからね!!
家での練習がどれだけできるかよ!!みたいな事もいっていらして、
気持がピシッと引き締まるきがします。
怠け癖万年青はこれくらいピシピシされた方がいいのかもしれない・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク
30代からのピアノ
スポンサーリンク
omoto_7ziをフォローする
おもとのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました